Lightroom Classic(ライトルームクラシック)とは|料金・使い方を解説

Lightroom Classic

Lightroom Classicの利用を検討していませんか?

美しい写真を撮り、より印象的な表現を追求するなら、写真編集ツールは欠かせません。

その中でも、プロフェッショナルな編集に特化した「Lightroom Classic」は、まさに写真愛好者やプロの方々にとっての理想的な選択肢です。

本記事では、Lightroom Classicの契約を検討している方々に向けて、その魅力と利点を詳しくご紹介します。

\7日間無料トライアル/

目次

Lightroom Classicとは

Lightroom Classicとは

Adobeの提供する写真編集ソフトウェアである「Lightroom Classic」は、写真愛好者やプロのフォトグラファーに広く愛用されているツールです。

その強力な機能と直感的な操作性により、数多くのユーザーに支持されています。

  1. 直感的なインターフェース: Lightroom Classicは使いやすいインターフェースを備えており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応しています。
  2. RAW形式のサポート: RAW形式の写真編集が可能であり、高品質な画像編集が行えます。
  3. スマートプレビュー: 大容量のRAWファイルを扱う際に、スマートプレビューを使用してプロジェクトを軽快に編集できます。
  4. クラウドとの連携: Adobe Creative Cloudとのシームレスな連携が可能で、写真や設定の同期が簡単に行えます。
  5. 調整ブラシとフィルター: 特定の領域を対象にした調整ができるブラシや、画像全体に影響を与えるグローバルなフィルターが利用可能です。
  6. プリセットの活用: プリセットを使用することで、簡単かつ効果的な画像処理が行えます。さまざまなスタイルや効果が提供されています。
  7. 豊富なエクスポートオプション: エクスポートモジュールには様々なオプションがあり、出力形式やサイズ、解像度などを細かく設定できます。

Lightroom Classicの特徴

  • 写真編集クオリティの向上と無限の可能性
  • クラウドとのシームレスな連携
  • 操作性の高さと学びやすさ
  • 多彩なエクスポートオプション
  • 定期的なアップデートと新機能

写真編集クオリティの向上と無限の可能性

Lightroom Classicは自由な写真編集が可能で、元の写真を守りながら細かい調整ができます。RAW形式のサポートや高度な調整機能により、写真のクオリティを飛躍的に向上させることができ、表現の幅も広がります。

クラウドとのシームレスな連携

写真や設定の同期が簡単なのは、Adobe Creative Cloudとのシームレスな連携があるからこそ。Lightroom Classicはどこにいても、どのデバイスからでもアクセスし、作業を続けることができます。

操作性の高さと学びやすさ

Lightroom Classicは直感的なユーザーインターフェースと、豊富なオンラインリソースにより、初心者から上級者まで幅広い層に対応。使いやすさと学習効果の高さが、編集作業をより効率的に進める手助けとなります。

多彩なエクスポートオプション

最終的な写真の出力に関しても、Lightroom Classicは柔軟性があります。さまざまなエクスポートオプションを利用して、写真を最適な形で保存・共有できます。

定期的なアップデートと新機能

AdobeはLightroom Classicを常に進化させており、定期的なアップデートで新機能や改善が提供されます。最新の技術と機能に常にアクセスできる点が、クリエイターたちにとって心強いサポートとなります。

Lightroom Classicの契約は、写真編集の新たなステージへの鍵を握っています。あなたの写真表現を更に深化させ、驚くべき作品へと昇華させるために、Lightroom Classicとの契約を検討してみてはいかがでしょうか。美しい写真の世界が、新たな可能性で満ちあふれることでしょう。

Lightroom Classicの料金

Lightroom Classicの料金

Lightroom Classic(20GB)の料金は1,078 円/月です。

Lightroom Classic(1TB)の料金は2,178 円/月です。

月額サブスクリプション形式で提供されており、プランによって機能や利用可能なクラウドストレージの容量が異なります。

スクロールできます
Lightroom Classic
主なデバイスパソコン
保存先ローカル(HDD)
フォトプラン(20GB)1,078 円/月
フォトプラン(1TB)2,178 円/月
Lightroom Classicの料金

Lightroom Classicの使い方

Lightroom Classicの基本的な使い方を以下の7つの手順で説明します。

  1. 写真のインポート:Lightroom Classicを起動し、左下の「インポート」ボタンをクリックします。インポート画面で、編集したい写真が保存されている場所を指定し、「インポート」ボタンを押します。
  2. 写真の整理と選別:ライブラリモジュールに移動し、インポートした写真を一覧で確認します。必要に応じてキーワードや評価を追加して整理し、編集対象の写真を選別します。
  3. デベロップモジュールへの切り替え:選別した写真を選んだ状態で、デベロップモジュールに切り替えます。ここで写真の実際の編集が行われます。
  4. 基本的な調整:ホワイトバランス、露出、コントラストなどの基本的な調整は、右側にある調整パネルを使用して行います。スライダーを動かすことで、目的の効果を得ることができます。
  5. ローカル調整:ブラシツールやグラデーションフィルターを使って、特定の領域に対してローカルな調整を行います。これにより、部分的な修正や強調が可能です。
  6. プリセットの適用:プリセットは、事前に設定された効果やスタイルを一括で適用できる機能です。左側のパネルで「プリセット」を選択し、適用したいプリセットを選びます。
  7. 最終的なエクスポート:画像の編集が終わったら、左下の「エクスポート」ボタンをクリックして、編集した写真を保存します。エクスポート設定では、ファイル形式や保存場所、サイズなどを設定できます。クリックして保存すると、編集結果が新しい画像として出力されます。

これらの手順を踏むことで、Lightroom Classicを効果的に使用して写真の編集と管理を行うことができます。

Lightroom Classicの評判・口コミ

Lightroom Classicはその高度な機能と安定した性能から、多くのユーザーに支持されています。

特に写真編集において細かな調整が必要なプロのフォトグラファーたちから好評を得ています。ただし、一部のユーザーからはサブスクリプションモデルに対する不満や、初心者向けの学習コストが高いとの意見もあります。

総じて、その豊富な機能と柔軟性により、多くの写真愛好者たちにとって信頼のおけるおすすめの写真編集ソフトとなっています。

Lightroom Classic vs Lightroom: どちらを選ぶべき?

Lightroom Classic vs Lightroom

Adobeの写真編集ツールとして、Lightroom ClassicとLightroomが存在しますが、これらにはいくつかの違いがあります。

Lightroom Classic

  1. デスクトップアプリケーションの充実性: Lightroom Classicは、豊富な機能を備えたデスクトップアプリケーションとして知られています。高度な編集機能やプロ向けのツールが揃っており、写真に対する細かな調整が可能です。
  2. 自由な編集の優位性: 元の写真を変更せずに編集が可能な自由な編集が、Lightroom Classicの大きな特徴の一つです。これにより、いつでも元の状態に戻すことができます。
  3. 高度な整理機能: ライブラリモジュールを活用して写真の整理が行いやすく、キーワードや評価、フラグなどを用いて簡単に管理できます。

Lightroom

  1. クラウドフォーカスとシンプルな使いやすさ: Lightroomは、クラウドに焦点を当て、シンプルで使いやすいユーザーインターフェースを提供しています。写真をクラウドに保存して、複数のデバイスでの同期がスムーズに行えます。
  2. AIを活用した自動調整機能: Lightroomでは、AIを活用した自動調整機能が強化されており、写真の基本的な調整を自動で行ってくれます。これにより、初心者でも手軽に美しい写真を編集できます。
  3. モバイルアプリとの連携: Lightroomはモバイルアプリ版も強化されており、外出先でも写真の編集や同期が可能です。

どちらが良いかは、主に個人のニーズや編集スタイルによります。プロフェッショナル向けの高度な編集が必要ならばLightroom Classicが、シンプルで手軽な編集が優先される場合はLightroomが適しているかもしれません。お好みや目的に合わせて選んでみてください。

Lightroom Classic

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

記事監修者

久保直之のアバター 久保直之 記事監修者

風景写真家 × 動画クリエイター。

コンテンツクリエイターとして、YouTubeとInstagramのSNSやブログを中心に活動を行い、観光・地方自治体・宿泊施設・カメラメーカーなど、多岐に渡るジャンルの企業やブランドとコラボを行っている。

本ブログでは、私が実際に使って良かった写真・動画関連サービスのレビュー記事を中心に掲載。

取材、執筆、タイアップ投稿のご依頼や、その他お仕事のご相談などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせください。naoyukikubophotography@gmail.com

コメント

コメントする

目次